栄養バランスの優れた食生活や体を動かすことはもちろんのこと、肉体や精神の健康や美容を目的として、食事以外に様々なサプリを摂る事が常識になっているそうです。
メタボであるとは診断されなかったとしても、内臓の脂肪が付着しやすい型式の体重過多に陥ることによって、数多くの生活習慣病を誘引しやすくなります。
基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が横臥位でじっとしていても使用してしまう熱量であり、その半分以上を様々な筋肉・臓器の中で最も大きな肝臓・頭部の脳の3種類が使うというのが今や常識となっています。
ハーバード大学医学校(HMS)の調査データによると、1日あたり2杯以上カフェイン抜きのコーヒーを飲むと、直腸ガン発生率を約半分も減らせたらしい。
耳の内部の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分けられますが、この中耳の辺りに様々な細菌やウィルスがうつり、炎症が発生したり、体液が滞留する病気を中耳炎と称しているのです。

妊娠初期に葉酸をとってない方は今すぐ摂取

アメリカやヨーロッパでは、新しく開発された薬の特許が満了した4週間後、製薬市場の約8割がジェネリック(ジェネリック医薬品)に取って代わるようなクスリもある位、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は先進国で浸透しているという現実があります。
スギ花粉症などの症状(鼻みず、酷い鼻づまり、連発するくしゃみなど)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、それが素因になって慢性の睡眠不足になり、翌日起きてからの業務の遂行に芳しくないダメージを及ぼすかもしれません。
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、臨床データに基づいた研究によって、ワクチンの効能を見通せるのは、注射の14日後からおよそ5カ月くらいということが判明しました。
いんきんたむしとは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と呼んでおり、白癬菌というカビが股部、陰嚢、臀部などの部位に感染、もしくは定着した病気であり俗に言う水虫のことです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常により出る湿疹で、分泌が異常をきたす因子として生殖ホルモンのバランスの乱れ、リボフラビンなどビタミンB複合体の慢性的な不足などが関わっています。

20歳代、30歳代で更年期がやってきたとすれば、医学用語で表すと「早発閉経(early menopause)」という女性疾患に当てはまります(日本の場合は40歳未満の女性が閉経してしまう症状を「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と称しています)。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、かわって、平成24年9月から原則無料で受けることのできる定期接種になるため、小児科などの医療機関で接種するというスケジュール管理の必要な個別接種という扱いになりましたのでご注意ください。
男性だけにある前立腺という臓器は働きや成長にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンがとても深く関わり、前立腺に発現したガンも同様に、アンドロゲンの機能によって大きくなってしまいます。
自動車事故や屋根からの転落など、非常に大きな力がかかった場合は、複数の部分に骨折がみられたり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、さらに重症の時は臓器が破裂することもままあります。
年齢を重ねることによる耳の聞こえ辛さにおいてはちょっとずつ聴力が落ちていきますが、多くの場合は60歳くらいまでは聴力の老化をはっきり認識できないのです。